Yogibo ヨギボーで快適ダラダラ開発環境を導入した

2016-06-23
 

Yogiboとはアメリカ発の「快適で動けなくなる」というキャッチコピーのソファー、クッションです。

こういう系のクッションは無印とかも出してますが、でかいのが欲しかったのでYogiboにたどり着きました。

先日インケンの家に導入してすごく快適になったのでご紹介します。

立てかけたり、座ったり、寝転んだりいろんな使い方ができます。

Yogiboのクッションには大きさが3つあり、一番大きいMax、中くらいのMidi、小さいMiniがあります。

Maxは大人がすっぽり入るくらいの大きさです。

  

 

最初はMidiでもいいかなと思ったのですが、ショップで座ったら断然Maxが欲しくなりました。

IMG_4449
Yogibo Max
身長173cmくらいのインケンでもすっぽり収まります。

背もたれの緑のクッションはYogibo SupportというU時のクッションで、膝に載ってるPC台はTrayboという商品です。

support_color_16012582268368

このMax,Support,Trayboをインケンのとバツイチちゃんの2セット導入しました。

バツイチちゃんなんて土日はほぼこの上で生活しているほどです。

IMG_4450

 

Yogiboは色も豊富でこんなにたくさんの色から選べます。

max_color
カバーは取り外し可能で洗濯機で洗えます。クッションに張りがなくなってヘタってきたらカバーを洗って乾燥機にかけると張りが復活します。

値段はYogibo Maxが約3万、Yogibo Supportが約1万5千、Trayboが6千円ほどで、2つつづ導入したので全部で10万以上かかりましたが、超快適なぐうたら開発環境ができてとても満足しています。